famycamp キャンプと節約のブログ

キャンプ大好きな我家が年間280万円貯める為に行なっている節約術を紹介します。

主婦が考えたファミリーキャンプおすすめポイントまとめ

f:id:hokkaido_family:20181013050332p:plain

こんにちは、つまです。

 

今回はキャンプについてです!

 

ダンナさんはキャンプが大好きで、キャンプのことは完全お任せ状態ですが、

私もキャンプ好きです(^^)

 

そこで今日の内容です。

 

キャンプが好きになった理由

北海道に生まれ育ち、子供の頃から家族でのキャンプを経験していたので

ダンナさんがキャンプをしよう!と言い出した時も何の抵抗もありませんでした。

 

キャンプの魅力は、自然の中に身をおいて、五感すべてを豊かに活かして非日常生活を過ごせるところだと思います(^o^)

私は特に湖のほとりのキャンプが好きです。

湖の静かな波の音や、

赤灼けに染まる夕日を写す水面、

湿気に包まれた空気の匂い、

夜は煌めく星々を眺め、焚き木の火を見つめながらの会話は日常生活では体験できません(≧∀≦)

 

薪や炭で炊いたお米は美味しいし、みんなで作る料理は格別です!

お酒もすすんじゃいます(о´∀`о)

 

でも、、、かっこいいことを言いながら、、

 

実は、、

 

私は自分がラクできるところが一番サイコー!って思ってます (≧∀≦)

キャンプに行くとダンナさんが全部率先してやってくれます(しかも楽しそう)

 

メニュー、料理、後片付けも積極的にやってくれて、私は助手程度

普段じゃありえません!笑

朝は気づけばダンナさんが先に起きてコーヒーを入れて朝ごはんを用意してくれています。

 

極上の朝です 笑

 

 

キャンプに行きたいけど色々心配な方達へ

でも、ママ友さんとキャンプの話をするとけっこうな確率で聞かれるのが

 

①夜テントで寝れる〜?

②虫嫌じゃない?!

③お風呂どうするの?

 

この3点。

 

これがネックで、キャンプを始めたくても奥さんや子供さんの反対を受けてキャンプデビューできないと言う家族が周りにはけっこういます。

 

 

うーん、もったいない!!

 

この3点をクリアして、ぜひとも家族でキャンプを楽しんで欲しいと思います。

 

そこで、どうしたから解決できるか考えてみました。

 

①夜テントで寝れるか?

 

なるべく家のお布団で寝ているような環境にしてあげることかな?と思います。

床が硬いのが気になるならマットを充実させたり、床に直に寝るのが嫌ならコットなどもあります。

 

でも一番重要なのはお布団で寝ているかのように暖かいことだと思います。

 

だから寝袋だけは良いものを選んでみてください!

 

うちは最初、綿の安い寝袋を購入しました。夏の天気の良い日は問題なかったのですが、今年の春のキャンプで夜寒すぎて私は凍えて眠れなくて、ただでさえ冷え性なのに、、

地獄でした、、(u_u)

 

ダンナさんはふるさと納税でゲットしたモンベルのダウンハガーだったので?

スヤスヤ寝ています。

 

そんなダンナさんに軽い殺意が、、笑

 

ダンナさんには私にも暖かい寝袋を買わなければ春、秋はキャンプに2度と行かないぞ!!と脅したところメルカリでゲットしてくれました(*´∀`*)

メルカリについてはまた書きたいと思いますが、

 

寝てみてびっくり!!全然違います!

まず、綿と違ってダウンはふんわり体をしっかり包みこんでくれて、触り心地も気持ち良いです。

私の寝袋はモンベルのウィメンズタイプで足元が暖かくなる仕様になっています。本当に暖かいです。

頭まで入れば音も聞こえずらくなるので、音が気になって寝れない人にも良いかもしれません。

 

②虫嫌じゃない?!

私も虫は苦手です(u_u)

 

虫が苦手ならまず、山のキャンプ場はやめておいて、海などのキャンプから始めてみるのが良いと思います。

 

あと、オススメは春、秋のキャンプです!

夏と比べて春、秋は虫が比較的少ないです。

 

あとは虫除けスプレーなど効果の高いもの(高価ですが)を用意しておくと良いと思います。

 

 

③お風呂どうするの?

 

北海道にはキャンプ場内や、すぐ近くに温泉があるキャンプ場がたくさんあります。そんなキャンプ場を選ぶことでお風呂問題はクリアできます。

 

 

 主婦目線で本当に買って良かったおすすめキャンプグッズベスト3 

暖かく心地よい眠りが一番!男性より女性の方が寒がりな方が多いと思います。

奥さんにはぜひ、1段階暖かい寝袋を用意してあげてください(^o^)

 

北海道で春、秋キャンプをするとしたら

モンベルの寝袋なら

寒がりな人→3番(コンフォート温度※3℃)

普通の人→5番(コンフォート温度8℃)

このあたりがオススメかと思います!

 

 

※コンフォート温度=一般的に代謝が低く、寒さに耐性が低い人がリラックスした体勢で寒さを感じることなく睡眠ができる温度

キャンプといえばシェラカップらしいです。(ダンナ談)

私がオススメなのは、シェラカップでお米1合と、200mlが計れるところと、洗いやすく、掛けやすいところです。 

 

うちはだいぶ後に購入しましたが、もっと早く買っておけば良かったです。

キャンプグッズがスッキリ置けて、あれこれ探さなくて良いですし、プライベート空間度が増します(^^)